カテゴリ:公式DCM情報

  • マイニング工場

    ヤスです。(*´ω`*)「お金を生む機械」興味ありますか??ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーお金を勝手に生む機械といえば、少し前までの世間の常識は「太陽光発電ソーラーパネル」でした。最近は一時期よりも、話題も少なくなったように感じますが全然なくなったわけではありません。日本政府が、原発に変わる再生可能エネルギー、その最重要な施策と位置付け、再生可能エネルギーの中でもトップランナーとして、太陽...

    記事を読む

  • デジタルカレンシーマイニングコインDCM

    ヤスです。(*´ω`*)DCMの公式ページが、いよいよ、公開になります。ロゴやURLなど、暫定部分があるので、準備が全て整いますと、ホワイトペーパー発行、というところまでこぎつけることになると思います。URLhttp://digitalcurrency-bcc.tokyo/※URLは暫定です。今後変更になると思いますので、変更後にもアナウンスしますね。・・・。・・・・・・。・・・・・・・・・・・・・・。ぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬいぬぬぬぬぬぬぬぬぬ...

    記事を読む

  • マイニング工場

    ヤスです。(*´ω`*)デジタルカレンシーで準備している、マイニング工場内に、どんどんマシンの組み立てが進み、ようやく、初回分の台数が準備され、4月28日現在、配線作業を行っている途中。ビットコイン相場が100万円を超え、いよいよ年末に向けて相場が上昇を開始し、タイミング的にはバッチリですね。一部マシンの試運転も開始している模様。目に見えて増えていくので、楽しみですねwwwさて、結果はイカに。電力関係の...

    記事を読む

  • マイニング工場

    ヤスです。(*´ω`*)デジタルカレンシーのマイニングマシン工場に、マシンが確実に増えています。前回記事マイニング工場、着々進行中。進捗状況4/16 太陽光発電メガソーラーvs マイニングマシンまずは、こちらをご覧ください。4/16段階     ↓4/20段階2段になってますねwww着々と、準備が進んでいます。まずはスタートさせて、結果を出すことが重要なので、目に見えて増えているのはわかりやすいですね。前回...

    記事を読む

  • デジタルカレンシーマイニングコインDCM

    『No one should go hungry(誰も飢えてはならない)】ヤスです。(`・ω・´)ゞまずは、こちらの動画をご覧ください。「奨学金制度というシロアリが 日本全土を食い荒らして広がっていく実態に驚愕。 こんなにひどいのか」(尾木直樹さん)親の収入が少ない若者が、夢を実現しようとして、親に迷惑を掛けたくないと大学に通うために奨学金を借りたはずが、結局、親も一緒に破産に追い込む。毎年1万人の、奨学金の返済が払えなくて自...

    記事を読む

  • デジタルカレンシーマイニングコインDCM

    ヤスです。(*´ω`*)デジタルカレンシーの、マイニング工場の、組立状況が進んでいます。マイニングマシンは、1台1台手作業でラック(リグ)から、部品の設置、OSインストールなどの作業が、毎日行われています。マシン1台1台が、「お金を生む機械」となり、それぞれに、オーナー制度があります。まず、こちらの図をご覧ください。デジタルカレンシー株式会社が発行しているパンフレットを参考に図式化するとこうなります。一般の戸...

    記事を読む

  • デジタルカレンシーマイニングコインDCM

    ヤスです。(*´ω`*)既報の通り、リップルベースのBCCは、イーサリアムベースのDCM(デジタルカレンシーマイニングコイン)に実質的に移行を開始します。世界的には、イーサリアム系のコインのほうが勢いを増し、取扱できる取引所の数が、圧倒的に多い、有利性なども考慮され、さらには、世界の時価総額ランキングで有名なコインマーケットキャップにも掲載が可能に。https://coinmarketcap.com/ja/これは知名度が格段に変わります...

    記事を読む

  • 公式DCM情報

    ヤスです。(*´ω`*)デジタルカレンシーでは、関東の内のどこか(防犯セキュリティ上、場所はあかせませんが)に2ヶ所、マイニングマシンを大量に並べた、マイニングファーム工場を、現在準備を進行させています。その準備の状況が入ってきました。マシンを部品単位から現場で組み立てて、並べていく作業が開始されました。家庭用ではなく、業務用電源を2回路契約分導入してまず、一部の台数を稼働させますが、最初に稼働するのは...

    記事を読む

  • 公式DCM情報

    ヤスです。(*´ω`*)早速ですが表題の件です。何が3つのポイントか、ということですが、BCCホルダーの方は、BCCが名前を変えて、DCMという変化をします。もともとは、DCMの準備が進んだ上で、半年後くらいにスムーズに移行、ということだったのが、東京ゲートウェイの誤報事件によって、準備がマダ途中の段階で、急な移行を迫られそうだ、ということになります。準備が万端整った上であれば、みなさん、安心してリニューアル乗り換...

    記事を読む

  • 公式DCM情報

    ヤスです。(*´ω`*)まったく別件ですが、Youtubeの米国本社で銃撃事件がありました。容疑者は女性で、死亡したとのこと。4人が怪我、ということです。もはや、世界のどこで、どんなことが、あってもおかしくないですね。また、コインチェックがマネックス証券の傘下に入って再生するのでは、というニュースが流れて両社はまだ、検討中としかアナウンスしていませんが、先に報道して事実をあとから作る、ということがあるので、そ...

    記事を読む

【決戦・頂上対決!!】太陽光業務用ソーラー発電 vs DCマイニングマシンオーナー制度、10倍圧勝したのは!!ドッチ?


ヤスです。
(*´ω`*)



「お金を生む機械」

興味ありますか??



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お金を勝手に生む機械といえば、


少し前までの世間の常識は

「太陽光発電ソーラーパネル」

でした。


最近は一時期よりも、

話題も少なくなったように感じますが

全然なくなったわけではありません。



日本政府が、原発に変わる再生可能エネルギー、

その最重要な施策と位置付け、


再生可能エネルギーの中でも
トップランナーとして、

太陽光発電の促進を行い、

2030年までに、1170万軒の家の屋根に
太陽光パネルを載せるのを目標に

ソーラーパネルを大量に設置して、

それらから得られる電力を、


強制的に固定レートで、
電力会社に買い取らせる制度を作り

国を挙げて、

太陽光発電の普及に力を入れてきていました。


また、

家庭用だけではなく、

業務用ソーラーシステムも活況ですね。


たとえば、歳を取って農地が活かせない

後継者もいないような方ですと、


せっかく所有しているのに使っていない
休耕農地を、有効に利用してもらい、

一定期間後は自分の収入になって老後資金が助かる

ということで、

なかでも、

広大な面積を使う、
業務用ソーラー施設などは
非常に有効だったわけです。






遊んでいる土地を使い、

初期コストはかかるけども、

あとは、毎日毎月、電力を生み出しては、

電力会社が買い取ってくれる


ある一定値を超えて、

初期コストを元取ったあとは、

ずっと収入になり続けるよ、


という点が魅力的だったわけです。



グラフにするとこんな感じ。





10年経過以降は、
働かずとも収入がどんどん入ってくるので


老後、働けなくなったときの収入になって

とても助かるわけですよね。



しかし、
このグラフには落とし穴が隠されています。

理想通りいけば、という大前提です。



自然相手、電力会社相手、法律相手
やっていく太陽光発電業務用ソーラーは、

不確定要素が非常に数が多いこと

最近、ニュース等でも報道されることがあります。




理想としているのは、こちらのグラフ。






しかし現実は甘くありません。


(※売電買取単価が10年固定なのは、家庭用10kw以下出力用の場合です)





最悪のケースとしては、

突発的なメンテナンスコスト。


空からは無防備なので、

氷の”ヒョウ”が降ってパネルが割れる被害や、

鳥獣被害も事例報告されていますし、
(鳥が石を落とす、など)





竜巻や突風、地震などで倒壊する事例も
たまにあるようです。





こんなことさえ考えられますね。





パネルは無事でも、
電力会社へ電力を送電するための設備も

しょっちゅう点検やメンテナンスが必要ですし、


ソーラー発電所は基本、無人運用なので、

設備の中に使われる、送電線(銅線)を
ソックリ中国人窃盗団に狙われて、

なくなって発電がストップしていても、

半年間気づかない、というような事例とか、

侵入防止用の柵を設置しても、

周辺の草が太い木の枝のようになっていて、
それが柵を押し倒してフェンスを破壊する事例とか

予想外のことが、現実に起きています。


無理やり山間部を切り開いて、

メガソーラーを
設置したことによって、



土砂災害が起こりやすくなったり

自然破壊の問題も出ているようです。


2015年、豪雨で鬼怒川が氾濫したのは、

地元住民のメガソーラー建設反対運動を
押し切って、

わざわざ自然堤防を破壊して設置したことで、





そこから堤防決壊を招いて、

大量の被害を出した事例も出ていますね。



自然破壊の話はともかく、

突発的な、多額の修理費用が

払えなくなると、当然、発電はストップします。




問題は、電気が売れなくても

固定資産税だけは
払い続けないといけないことです。




それによって、

ソーラー破産、という問題も実際に起きていて

たびたび、ニュースになっています。




太陽光発電の、仕組みですが、

ソーラーパネルは
みんな一定の角度、一定の方向を向いて

設置されているのをご存知でしょうか。。


一番いい条件で、最高の発電能力を発揮するように

施工されるわけなんですが、


北海道札幌市では43度、

東京では35度、

那覇では26度と

北と南では20度も設置角度に差が出ます。


とにかく、その場所によって、固定の角度、
が決まっているわけです。


考えてみてください。

太陽が、一番、いい条件の場所にいるのは、

せいぜい1日のうち1時間程度ですよね。


日昇から、日没の間の多くは、

角度が良くないので、発電量は最大ではない。

夕方から夜は、発電しない。


家庭用のソーラーパネルの場合は、

自家消費する電力との差が利益になります。






また、季節によってもかわります。


夏至が一番最高で、春と秋は、発電量は減ります。


1年間のうちに、ピークの発電量を出すのは

かなりワズカな期間ですね。




もちろん、雨や雪、夜だと発電なし、
冬、雪の多い北部地域は、雪が溶けるまで発電なし。

一年中温度の高い地域(沖縄・九州など)は
パネルに負担がかかるので逆に発電効率が落ちます。

地域間格差が、非常に大きいですね。


ちなみに数年前のデータですが



山梨県が1位。長野県が2位。

東北や日本海側は、
やはり発電効率が落ちるという結果です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽光発電は、再生可能エネルギーとして

最注目されるわけなんで、

それはそれで、政府が推進していくのは

もちろん、悪いことではないと思いますが、

欠点もありました。


①初期コストが、非常にかかる

②耐用年数20年といいつつ、
 修理補修が多い。

③土地取得すると固定資産税がかかる

④初期コストを回収するまでに理想通りで10年

⑤周辺草刈りから、見回り、修理の手配、

 意外とやることが多い。

⑥電力買取制度が、いつまで固定になるか、
 突然制度が変更になる可能性もある。



などなど、不安要素がいくつかある、
ということですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、お待ちかね。


デジタルカレンシー株式会社が行う、

マイニングマシンオーナー制度は、


太陽光業務用ソーラー発電と比べて、

どうなのか。




比較対象ソーラーのスペックは
こちらです。


業務用ソーラーパネルシステム

家庭用ちょっと大きめ10軒分相当
154.2坪(480平方メートル)=(21m ×21m正方形の土地)
発電変換効率15%、発電システム出力36kwのパネルスペック
1300万円の設備代金に、土地取得代金、メンテナンス費用
パネルから、電力変換設備、送電線までの間の毎年のメンテナンス費用
土地から設備まで、自分の所有物になるので
すべてに税金(取得税、固定資産税、下手すると相続税)がかかる



この業務用ソーラーシステムと、
マイニングマシンオーナー1台分が、

ほぼ

おなじパフォーマンス

だというんですが、

本当でしょうか?

比較してみましょう。




①初期コストが、非常にかかる


→10分の1以下



②耐用年数20年といいつつ、
 修理補修が多い。


→3年でマイニングマシンオーナー再契約

その代わり、自分の所有物ではないので、
一切の途中メンテナンス費用などは一切不要。



③土地取得すると固定資産税がかかる

→自分の所有物ではないので、
 固定資産税などの税金は不要。


④初期コストを回収するまでに理想通りで10年

→ビットコイン相場の変動により
 大きく変わるが、
 1年前後(数ヶ月単位でズレあり)で、元金回収し、
 それ以降はずっと利益。


→ビットコイン相場が、

 5月頭で100万円前後ですが、

 昨年12月並みの220万円まで
 回復すれば、期間は半分で回収できる理屈になります。
 



⑤周辺草刈りから、見回り、修理の手配、
 意外とやることが多い。


→何もすることがありません。
 すべて工場の技術者が行います




⑥電力買取制度が、いつまで固定になるか、
 突然制度が変更になる可能性もある。

2013年から、政府は、
もともと1kwあたり32円だった
固定買取価格単価を連続して下げていますが

ドイツ等再生可能エネルギー先進国と比べると、

日本の買取価格はまだ倍近くあります。


電力会社に強制価格で買い取らせる制度は、

結局、

国民が電力会社に
電気料金に上乗せして払っているので、

太陽光発電の恩恵を受けてない人まで
国民負担していますので、

売電単価は、今後も、
半値までは下げる可能性もあり。


→マイニングマシンオーナーの報酬は
ビットコイン相場に影響されますので、

ビットコイン報酬額はほぼ一定か、

マシンの効率化が進めば上がっていきますが

ビットコインが、暴落すれば
日本円換算での受け取る金額は

変動しますので、その点は注意ですね。


2017年12月ビットコインは220万円を記録

2018年3月時点でビットコイン価格は

69万円台(1/3まで暴落)

2018年5月に100万円を回復、

年末へ向かって緩やかに上昇中。


ビットコイン価格が

12月のように200万円超えまで
回復すれば、

得られる報酬額の、日本円換算額が2倍になり、

初期コストを回収する期間は半分になる

ということです。



グラフにすると、こんな感じですね。

※おおよそのイメージです。
必ずしもこうなるということを
保証するものではありません。

ビットコイン相場状況などによって、
左右されます。

この点、念押しでご承知ください。




余った電力を売る、のと
直接お金を生み出す機械との差は



実にこれだけの差に
なるというわけです!!




ズラリとならんだ、マイニングマシン1台1台が

「お金を生む機械」


そのオーナーになる権利を申し込むには・・・。


キニナッタカタハ

こちらから、お問い合わせくださいね。








記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

デジタルカレンシーマイニングコイン、公式ページ。Soon。


ヤスです。
(*´ω`*)



DCMの公式ページが、


いよいよ、
公開になります。


ロゴやURLなど、暫定部分があるので、

準備が全て整いますと、

ホワイトペーパー発行、というところまで
こぎつけることになると思います。




URL

http://digitalcurrency-bcc.tokyo/

※URLは暫定です。今後変更になると思いますので、
変更後にもアナウンスしますね。




・・・。



・・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・。



ぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬいぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!!
ごごごごごごごごごごごごごごごごごご午後ごごごご!!




ハッ

キヲトリナオシて。





なぬ?

よーく見ると、


DCM持ってるとマイレージ貯まるとか?
株主優待のように特典があるとか?
キニナルことが、いくつも見えますね
(`・ω・´)ゞ


もちろん、現在準備進行形ですので、

「予定」ということで、認識ください。



BCCは、オシラセの通り、
東京ゲートウェイの事実上の廃止が5月末で
終わってしまうことが、

発表されてしまいましたので

BCCはDCMの交換券という意味合いになることが
確定になりました。



その代わり移行先のDCMは、

これだけの本気度で取り組まれているということが

わかります。


ビットコインはマイニング報酬をめぐって

世界中で争奪戦なのは、ご存知だと思いますが


そこで、データを解析して、

もっとも効率よく報酬が発生するコインに

マシンパワーを自動で振り分けるプログラムに
なっており、

すでにこの部分は稼働していて、

成果を上げているのですが、

それをさらに超えるよう、


マイニング工場の収益の効率化向上の為に、

なんと、

東京大学のある研究所とも
協力関係を結ぼうとしているとか。








松田社長のコメントによると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京大学先端人工知能学教室で、AIを研究しているジョバンさんと打ち合わせを致しました。
AIの進化にかなり共感と驚きを感じました‼️
これからのフィンテック業界の未来が見えた瞬間でした!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




東京大学先端人工知能学教室のニュース

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30HYN_Q6A530C1TJC000/


東大の先端人工知能学教育寄付講座とは、

トヨタ、ドワンゴ、オムロン、
パナソニック、野村総合研究所、DeNA、
みずほフィナンシャルグループ、三菱重工業が

寄付をして設立された研究機関、ですが、

そことの協力関係が発展し、
システムの精度があがれば

さらに楽しみなことになりますね。



マイニング自体の効率が非常に上がり、


収益も大幅に向上し、
電気代などのコストも劇的に下げられる



ということで非常に、期待できますね。



デジカレは、AIマイニング。



マイニング工場の収益アップは、
市場に買い支えで投下されるDCMの価格に大きく影響しますから、

今から楽しみですね。




BCC→DCM移行がまだの方、慌てる必要はありませんが、

ギリギリでは、間に合わない可能性があります。



まずはマイイーサウォレットの登録をして
受け取る準備だけは済ませておきましょう。



http://bccnews.jp/blog-entry-62.html


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【見せてもらおうか、デジタルカレンシーのマイニング性能とやらを】ついに始動開始!!


ヤスです。
(*´ω`*)



デジタルカレンシーで準備している、

マイニング工場内に、

どんどんマシンの組み立てが進み、

ようやく、

初回分の台数が準備され、

4月28日現在、配線作業を行っている途中。


ビットコイン相場が100万円を超え、

いよいよ年末に向けて相場が上昇を開始し、

タイミング的にはバッチリですね。








一部マシンの試運転も開始している模様。


目に見えて増えていくので、楽しみですねwww


さて、結果はイカに。


電力関係の工事が、別途続いているので、

工事が終わり次第、本格稼働すべく、

マシンの台数を増やしていく作業は、

まだまだ続きます。


また、工場1箇所で終わりではなく、

ほんの始まりにすぎません。


2箇所目の準備も進行中です。


2箇所で終わりでもありません。


すでに相当量の台数分の

部品の追加発注を行っているということで


どこまでどうなってしまうのか。

全体像が明らかにできるのは

もう少し先になりますが、


それまでお楽しみにしていてくださいね!!


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

マイニングマシン、増加中・・・。4/23


ヤスです。
(*´ω`*)




デジタルカレンシーの
マイニングマシン工場に、

マシンが確実に増えています。



前回記事

マイニング工場、着々進行中。進捗状況4/16 太陽光発電メガソーラーvs マイニングマシン


まずは、こちらをご覧ください。



4/16段階



     ↓

4/20段階




2段になってますねwww


着々と、準備が進んでいます。


まずはスタートさせて、
結果を出すことが重要なので、


目に見えて増えているのは

わかりやすいですね。


前回もお知らせしたとおり、

1台1台が、「お金を生む機械」であり、


1台1台が、太陽光発電メガソーラー

同等のパフォーマンスを持っているので、


下図参照



すでにトンデモナイことになっていることがわかります。


工場のほうは準備が進んでいます。


電力会社の大規模電源工事が半年間かかる関係で

フル稼働までは、まだ時間がかかりますが、

マシンの台数が増えれば増えるほど、

DCMを自動的に買い上げていく額が増えていきます。


DCMが盛り上がれば盛り上がるほど、


日本だけではなく世界中で問題になっている、

大学生の奨学金破産問題の対策基金に

一部がまわっていき、
将来の日本を支える役割を果たすDCM


くわしくは、下記の記事も見てくださいね。



DCMマイニングマシン1台1台に日本の若者の未来が託されました【〜No one should go hungry〜】



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

DCMマイニングマシン1台1台に日本の若者の未来が託されました【〜No one should go hungry〜】


『No one should go hungry(誰も飢えてはならない)】





ヤスです。
(`・ω・´)ゞ



まずは、こちらの動画をご覧ください。





「奨学金制度というシロアリが

 日本全土を食い荒らして広がっていく実態に驚愕。

 こんなにひどいのか」


(尾木直樹さん)



親の収入が少ない若者が、

夢を実現しようとして、

親に迷惑を掛けたくないと

大学に通うために奨学金を借りたはずが、

結局、親も一緒に破産に追い込む。




毎年1万人の、

奨学金の返済が払えなくて自己破産し

家族も一緒に巻き込まれ、

親も一緒に破産する悲惨な事実があります。


さらに、

7人に1人が貧困家庭という現実。


https://mainichi.jp/articles/20170627/k00/00e/040/180000c

(毎日新聞より引用)


大学生のうち2人に1人は奨学金を借りなくてはいけないのに
その支払いのツケを一生かかっても返せない。



本人が破産して終わりではなくて、

保証人になっている親がそれを負担し

悲惨な連鎖が続きます。


これは、日本だけではなくて
海外でもかなりの数あるようですね。



この現実を救うのに、
立ち上がる企業も出てきました。


http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278874/082400005/?P=2
(日経ビジネスONLINE)



「奨学金、当社が代わりに返します」




 現在、日本最大の奨学金貸与団体である日本学生支援機構から奨学金を受ける大学生は2.6人に1人。多くの家庭が奨学金をあてにしている構図が浮かび上がるが、社会に出る前に抱える“借金”にはリスクもある。その現状を知ったある企業が、動き出した。
月の返還額を給与に上乗せ

 奨学金返還を“肩代わり”します――。

 国内外に120のメガネ店を展開する低価格チェーン、オンデーズ(東京都港区)。同社は2014年12月、「奨学金返金救済制度」を導入した。学生時代に受けた奨学金の返還を続けている従業員に対して、返済分を毎月の給与に上乗せする仕組みだ。社内面接などを通過すれば、上乗せは返還が終わるか、退職するまで続くという。同様の仕組みは、大手企業などでもほとんど例がない。




しかし、こんな善意の会社はほとんどなく、

恩恵を受ける人は、極めてマレ。



さて、ひるがえって、

デジタルカレンシー株式会社も、

この奨学金破産の問題には、

非常に関心が高いです。


もともと、子会社のクレコインクラブと一緒に

福岡の子ども食堂中心に、支援を続け、

福岡天神の博多大丸にて、

KIDS EXPOを福岡県と共催し、

アピールし続けているデジタルカレンシーですから



※クレコインクラブHPより引用

社会貢献活動も忘れてはいません。


子ども食堂も、もちろん引き続き支援されますが、

子どもが貧困なのはもっと上の世代が原因ですよね。


大学生世代が貧困にさらされて
奨学金を借りなくてはいけないのは

その上の親世代があるわけで。




私の仲間にも、


奨学金を返済できなくて苦労して苦労して

仮想通貨に巡り合って、

価値の上がる前のイーサリアムを
なけなしのお金をはたいて入手し、

それが大化けしたので、

首尾よく奨学金を完済できた方があります。


仮想通貨のお陰で、人生が一変した。


そういうことが、本当にあるんです。



さて、

松田社長のFacebookより。




この方は一体?




実は、この方、


ヤンク・バリー財団

レイモンドさんといいます。




本日は、アメリカ・ガーナ・タイとたくさんの人脈を持っているヤンクバリー財団の

http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278949.html


レイモンドさんとお会いしました。
レイモンドさんより海外で様々なポイントを通貨にエクスチェンジする会社が暗号通貨と上手くブリッジ出来ないかという提案を頂きました。
さらに、こちらの事業にも大変共感して頂き人脈やマーケティングにもご協力頂ける形となりました。
これから、海外を中心に様々な構築をしていきます!






ヤングバリー財団について。





ノーベル平和賞候補のヤンク・バリー氏 寄付額は1000億円超



「最もノーベル平和賞に近い男」と呼ばれるカナダ人をご存じだろうか。

 日本での知名度は高くないが、世界がその動向に注目するダンディな紳士の名は、ヤンク・バリー氏(70)。弁舌さわやかな彼の口からは奇想天外な逸話が次々と飛び出す。この男、いったい何者なのか──。

 名前を日本語でネット検索しても、ヒット数はごくわずか。しかしこの男は世界のセレブリティから一目置かれる存在だ。

 テロ支援国家の独裁者ですら、彼の声は無視できない。ビル・ゲイツウォーレン・バフェットといった世界的富豪が、彼のためなら協力を惜しまない。3年連続でノーベル平和賞にノミネートされている男の言葉には、独特の響きがある──。

「私の『本職』は何かだって? それは難しい質問だ。あえて言えば『ルネッサンスマン』さ。常に動いている世界から注目されるターゲットであり、常に進化を続ける男──といったところかな」


NEWSポストセブンより引用


URL
http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278949.html




ヤンクバリー財団オフィシャルページ

URL
http://yankbarry.com/



そのヤンクバリー財団の、


レイモンドさんを通じて、

奨学金破産問題解決の提案をいただき、


DCMのために構築している、

例の

マイニング工場から排出される、
マイニング利益の一部を、

奨学金破産問題対策の為の基金に拠出し、

毎月、告知することがわかりました。



マイニングマシンオーナー制度を通じて

投資家が比較的安定して利益を享受できるのはもちろん


マイニング報酬から自動的にDCM相場に買い投入されるので、

DCM資産総額が勝手に毎日増えていくことで

DCMホルダーももちろん嬉しいですし、



世界の仮想通貨を安く安定して流通するのに

無くてはならないインフラでもある
マイニング工場をたくさん建設するのは、


貧困対策のための仮想通貨事業を下から支えることにも
なりますし、



奨学金破産にならないですむ人が
1人でも多く出てくることは、

日本の未来にとって、

どれほど重要なことでしょうか。



まさに、DCMのポリシー・理念は、


『No one should go hungry(誰も飢えてはならない)】

この言葉は、


もともとヤンクバリー財団の合言葉なんです。


デジタルカレンシーもそれに共鳴し、

ともに歩んでいこう、という決意。




DCMは、日本の、世界の、貧困から抜け出そうとする
若者達が、

ちゃんと夢をつかむのに大いに役立つDCM


まず足元の、日本の若者達が、

ちゃんと育って、夢をつかめる社会に。



マイニングマシン1台1台に、

若者の未来が託されました。




この続報に、期待したいですね。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

マイニング工場、着々進行中。進捗状況4/16 太陽光発電メガソーラーvs マイニングマシン


ヤスです。
(*´ω`*)



デジタルカレンシーの、

マイニング工場の、組立状況が進んでいます。







マイニングマシンは、1台1台手作業で

ラック(リグ)から、

部品の設置、OSインストールなどの
作業が、毎日行われています。


マシン1台1台が、

「お金を生む機械」となり、

それぞれに、オーナー制度があります。



まず、こちらの図をご覧ください。

デジタルカレンシー株式会社が
発行しているパンフレットを参考に

図式化するとこうなります。





一般の戸建住宅でしかも、

いわゆる都心の狭小住宅ではなくて、

比較的、大きめの屋根に載るソーラーパネル

10軒分


業務用の太陽光発電メガソーラー
(参考比較:480㎡=152坪)

と、

デジタルカレンシーの
1台のマイニングマシンと、

同一パフォーマンスを出す。



これってホント?


ハイ、昨年1年間の実験データから
導かれている平均の理論値は

確かにこの通りです。
(月によってばらつきがあるので
 年間平均です)

それも控えめの設定で、この数字になります。



太陽光発電で発生した電力を売っているのと、

最初から
「お金を生む機械」

との違いは
まさにココにあります。



そのマシン1台1台が、

メガソーラーと同じだけの能力を持ち、

それが、

まずは8月に800台稼働目標
とのことですから、

工場全体では、どれだけの収益になるか

かなり楽しみですが、


さらに同じ規模工場が、
2箇所目も

2ヶ月遅れの10月にも
フル稼働を開始するということなので、

こちらも楽しみです。

工場は、

2箇所で終わりではないので


工場内部のマシンの数も増やし、

工場そのものも、もっと増えるように

多方面に交渉中で計画は進んでいます。



そして、それぞれの工場から発生する
マイニング報酬全体のうち

毎日30%を、

DCM
デジタルカレンシーマイニングコイン

の市場に買い支えしていくことになるので、

DCMには非常に期待がかかりますね。



詳細は続報をお待ち下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マイニングマシンオーナー制度について、

詳しいことを知りたい方は
ファンクラブLINEに参加された方にのみ

これ以上の詳細はオシラセしております。


まずは、この記事の下にある、


メルマガ登録ボタンから

メルマガ登録→ファンクラブLINE登録

の順番に登録できるようになっていますので
やってみてくださいね。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【BCCはDCMへ】マイイーサウォレットを準備しよう。


ヤスです。
(*´ω`*)



既報の通り、

リップルベースのBCCは、

イーサリアムベースのDCM
(デジタルカレンシーマイニングコイン)に

実質的に移行を開始します。



世界的には、
イーサリアム系のコインのほうが勢いを増し、

取扱できる取引所の数が、

圧倒的に多い、有利性なども考慮され、


さらには、世界の時価総額ランキングで有名な
コインマーケットキャップにも掲載が可能に。

https://coinmarketcap.com/ja/


これは知名度が格段に変わります。


期待大ですね。



DCMを受け取るには、


イーサリアム公式ウォレットである、


「マイイーサウォレット」


の登録が必要です。


(後日、DCMが入る専用ウォレットも準備されますが
 まず現段階で確実に受け取れる方法です。    )




マイイーサウォレットの登録はこちらからできます。




マイイーサウォレットのページを開くと、

注意書きのページが9ページにわたって

表示されますので、一通り読んで下さいね。



書いてある注意書きを、カンタンにまとめますと。


マイイーサウォレット
(だけじゃなくて仮想通貨全般にいえることですが)


は、

銀行とは違い、

すべての管理を自分で行う

自己責任の世界ですよ、

という案内です。











































9ページの案内を要約すると、

マイイーサウォレットは、銀行とは違い、

すべて自分の責任で、秘密鍵やパスワードなどの
保管を行います。


絶対に無くさないように、

パソコン故障したり、USBメモリも故障したりするので

複数の場所に保管を行い、

1つ故障しても大丈夫なように

必ずバックアップを。


無くなったら最後。もう資金を引き出せません。

誰も責任とれません。



そして、パソコンが他の人に閲覧できないように、
USBメモリも他の人が触れない場所に保管を。


他人に秘密鍵がバレると、勝手に送金されます。

取り戻すことはできません。



ニセモノのマイイーサウォレットサイトの
デマ案内メール等が出回っているので、

公式サイト以外は絶対に触らないように。


という注意書き、になります。




マイイーサウォレットの登録はこちらからできます。



Google検索などで、

マイイーサウォレットと検索した場合に、

公式のサイトだけではなくて、


ニセモノサイトまで一緒に検索結果に出てくるので、


アドレスが1文字違いの偽サイトに誘導されるなどの
事例があるので、


間違い例)

MyEthierWallet.com ( "i" は要らない)

MyEtherWaIIet.com (小文字のL(エル)ではなくて大文字のI(アイ)が2個。ほぼ見分けがつかない)

MyEttherWallet.com( "t"が2個)




などなど、非常にわかりにくいアドレスになっている例がありますので、

一度、正しいアドレスから登録したら、

ブックマーク保存しておいて、

次回からはそのブックマークから必ずアクセスしてくださいね。




以上の注意書きを読むと、

マイイーサウォレットの画面に進みます。






マイイーサウォレットの画面の上の方に、




言語が、english/ 英語 になっている部分を
クリックして、

日本語を選択してください。








最低9文字以上のパスワードを設定してください。

32文字以上推奨になっています。




続きまして、秘密鍵のファイルをパソコンに保管します。








ダウンロードボタンで、通常、左下に、ダウンロードしたファイルが表示されていますが、

このファイルを、

パソコン上の自分だけがわかる場所に1ヶ所保存、

それ以外に、USBメモリ2本等に保管し、

3ヶ所程度に分散してバックアップしましょう。


パソコンだけに保管してあると、

パソコンは故障します。


今は少ないですが、
Dドライブに入れて、バックアップした、

と勘違いされている方もありますが、

パソコンの内部の部品が故障すれば、
Cだろうと、Dだろうと一緒です。

そうなったらアウトです。


USBメモリに”移動”して、
わざわざパソコンから消す方がありますが、

USBメモリにさえ入れておけば
バックアップした、と勘違いされている方もあります。


USBメモリも壊れます。

パソコンの内部に1ヶ所、USBメモリ2本くらいにいれて

合計3ヶ所に保存しておくのがベストでしょう。






続きまして、秘密鍵が表示されていますが、

印刷しておく、ボタンがありますので、

紙で保管することも出来ます。



印刷すると、

小文字の”l” エルと
大文字の"I” アイと
数字の ”1” イチなど

非常に見分けがつかない文字が多数あることから、
印刷したものを見て、後で手入力すると
ほとんど間違えるので、

印刷はしておいてもいいですが、

それだけ、だと不十分だと思います。



メモ帳アプリでファイルに保存しておき、

やっぱり、パソコンの内部と、USBメモリ2本など

3ヶ所程度に保管しておきましょう。




これで登録そのものは終了です。






この画面になったら、終わりです。

自分の口座を開いてみましょう。



①の、お財布情報を見る、をクリックします。



KeyStore/JSONファイル

秘密鍵


どちらを選んでも同じですので、どちらかを選んでください。




KeyStore/JSONファイルのほうを選んだら

先ほど保存しておいたファイルを選択して

アンロック(鍵を解除)して、

ウォレット口座の情報が見られます。





秘密鍵を選んだ場合は、

これまた先程表示されていた、

秘密鍵の記号の羅列をコピペしてあげて

アンロックすれば、

ウォレット口座の情報が見られます。







このように、自分のイーサリアムアドレスが表示されたらOKです。


DCMを受け取るときには、

このイーサリアムアドレスをコピペして

通知すると、

その分を受け取れることになりますので、

ここまで準備をしておきましょう。



※4/19追記


マイイーサウォレットを作成後、

DCMのために、
追加の作業をしてくださいね。



上記までの作業で、

DCMを受け取ることは可能ですが、

マイイーサウォレットの画面上に、

DCMの表示される場所がありません。



XRPWalletのときは、
BCCの入れ物をつくる(トラスト設定)を

しなければ、

BCCを受け取ることができませんでしたが、



マイイーサウォレットの場合は、

そのままでも、DCMは受け取ることが
可能です。


ただし、見えません。

(トークン履歴ボタンを押せば、その都度、確認は可能です。)





見えるようにするには、

カスタムトークンの追加ボタンを押します。



※Googleクロームで自動翻訳ONにしていると

カスタムトークンボタンが押せませんので、

必ず、翻訳をOFF(原文を表示)にしておいてくださいね。




拡大します。





トークン契約アドレスには、

0x9d357d43d9733A1E59E5eb1432F2527E66E2CD43


これをコピーして貼り付けしてください。


トークンシンボルには、

”DCM”と入れましょう。


ケタ数は

”18"と入れてください。


保存するボタンを押して完了です。







これで、「DCMが見えるようになります。」

なお、DCM表示の横にある、◯にマイナスマークは、

表示を消すボタンです。


クリックすると確認もなく、
一発で消去されますので、

気をつけてくださいね。


ただし、見えなくなっているだけで、

履歴はそのままですので、

再度同じ手順でカスタムトークンを追加すると

また、表示が復活しますので、

DCMがなくなったわけではないのでご安心ください。




カスタムトークンの追加、までやって

DCMを受け取ることができれば、

ひとまず完了です。



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【デジカレマイニング】着実に進んでます。


ヤスです。
(*´ω`*)



デジタルカレンシーでは、

関東の内のどこか

(防犯セキュリティ上、場所はあかせませんが)


に2ヶ所、


マイニングマシンを大量に並べた、

マイニングファーム工場を、

現在準備を進行させています。



その準備の状況が入ってきました。










マシンを部品単位から現場で組み立てて、

並べていく作業が
開始されました。



家庭用ではなく、業務用電源を2回路契約分導入して

まず、一部の台数を稼働させますが、

最初に稼働するのは15%ほどの能力だと思われます。



マシンの導入台数が非常に多いので、

すべてを動かすには、


電力会社の送電線から、工場の敷地までの間の
電源容量を増やすために、

相当大掛かりな工事が必要になるため、

それに半年はかかるようです。



2ヶ月遅れで2箇所目も準備されているため、


予定では、

4月中旬頃、15%


6月ごろ、2箇所目の15%(合計30%)


8月頃、1ヶ所目が100%(合計115%)

10月頃、2ヶ所目が100%(合計200%)


とマイニングマシンの台数を増加させて、
能力を上げていくことになっています。


10月の200%を超えると、

工場全体であがるマイニング収益が

毎月億単位になるので、



そのうちの一部ですけれども、

毎日、DCMコインの相場のほうに

投入されていって、


DCMコインは、誰も買う人がいなくても
価値が勝手にあがるコイン、

になります。



世界版BCCである、
DCM(デジタルカレンシーマイニング・コイン)


楽しみですね。


詳細はまた順番にお知らせしていきます。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【BCCリニューアル】デジカレを直撃!!今後の展開3つのポイント!!

ヤスです。
(*´ω`*)




早速ですが表題の件です。


何が3つのポイントか、ということですが、

BCCホルダーの方は、

BCCが名前を変えて、DCMという変化をします。



もともとは、DCMの準備が進んだ上で、

半年後くらいにスムーズに移行、
ということだったのが、


東京ゲートウェイの誤報事件によって、

準備がマダ途中の段階で、

急な移行を迫られそうだ、ということになります。


準備が万端整った上であれば、

みなさん、安心してリニューアル乗り換えて終了、

だったのですが、


そうではないので、

不安に思っておられる方も、大半だと思います。



ハイ、私もその1人です。


ですが、
松田社長と、毎日打ち合わせしておりますが


松田社長が考えておられたのは、

もう先の先、を見据えておられましたよ。



デジカレのファンの1人として、

みなさんを代表して聞いてきましたので、


その大事なポイントが、まず3つある、ことから

お知らせしていきます。



1・自社コントロールできる事業の割合を高める

2・マイニング工場の確実な組成

3・マイニング工場の報酬アップ




この3つが、DCMには不可欠なので、

その点を、1つづつ説明していきます。



1は、


すでにオシラセの通り、


自分たちがノミ営業をして、顧客から利益をガッポリ
取りたい、仮想通貨取引所と、


儲かっているところから税金を取り放題の役所と、


当事者に取材もせずに、
一方的なリークだけで、裏を取らないでも誤報を
平気で流す新聞社と


それらのほうを信じてしまう一般大衆と



絶望的な日本の仮想通貨に対する現状は、
もうカキマシタノデ、


それくらいにして、

自社でいくら努力しても、
どうにもならない外的要因を

いかに減らしていくか、

ということの準備を、

ずっとされてきていたんです。


すでに昨年から。
みなさんが知らない間に。



2は、

マイニング工場が、着実に完成することが
大事です。

当たり前のことですが。

みなさんがよく知っている、

超大手の証券会社や、メガバンク銀行、
IT企業や、保険業、自動車会社、

そういう一流企業ばかりの

データセンターの立ち上げ工事や、

メンテナンス、情報セキュリティ分野の

エキスパートプロ集団に
監修してもらうことになりましたので、

そのことを、まずお知らせします。

詳しいことは、長くなるので、
別途お知らせします。



3は、

同じくそのエキスパートプロ技術集団と

一緒に、ある画期的な製品を

共同開発し、単体で発売も行いつつ、

自社マイニング工場の設備に活かしていきます。


マイニング事業のことを、

多少でも知っている人からすれば、

夏の暑い日本で、やろうとすると、
大規模な冷却設備が必要で、

冷却にかかる電気代がかさんで、

赤字になるのでは?

と心配しておられる方があると思います。


それは今までの常識、です。


なので、熱が出ない仕組みの開発、が

最重要ですね。


具体的なことはまだ言えませんが、

アイディアはすでに確定していて、

具体的な製品の設計と試作がこれから
開始される段階です。



これが実現すると、

マイニング工場を、寒冷地に置くのと
おなじになりますので、



マイニングで得られる報酬から、
差し引かれる電気代コストが、

大幅に削減され、


その分、DCMに投入される金額が増えます。



以上1,2,3のポイントの詳細は


まだまだ少しづつお話しないといけませんが、

他社や役所や、新聞などに左右されない仕組み

この構築が、最優先ですね。


準備中に急な切り替えになるので、

混乱しないよう、

今後の情報を、全部確実にみてくださいね。


また、お知らせします。
記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
カテゴリ
タグ

【デジカレを直撃!!】松田社長に聞いてきました。

ヤスです。
(*´ω`*)



まったく別件ですが、

Youtubeの米国本社で

銃撃事件がありました。


容疑者は女性で、死亡したとのこと。

4人が怪我、ということです。



もはや、世界のどこで、
どんなことが、あってもおかしくないですね。



また、コインチェックが

マネックス証券の傘下に入って
再生するのでは、

というニュースが流れて

両社はまだ、検討中としかアナウンスして
いませんが、


先に報道して事実をあとから作る、

ということがあるので、

その裏の意図を知らないといけないです。


ここ数日、やたらと◯◯新聞が

毎日、仮想通貨の事業者のことを、

淘汰淘汰、と報道しています。

何か意図的なものを感じます。



仮想通貨の取引所の業界は、

とにかくカオスです。


仮想通貨というものを定義した法律以外は、

事業者を保護するような法律は無いので、
互いにつぶしあいなど、もはや何でもあり。



3/8に、金融庁が一斉に行政処分を発表した際、

金融庁の認可を受けた事業者は5社。


金融庁のHPより
  ↓
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html


うち2社は、
金融庁の登録認可を受けた事業者です。


5社以外は、問題が見つからなかったので、
申請を取り消しする意図がないはずなんです。


みなし=ダメ
登録事業者=安心


ではない、ということがこれだけでもわかります。


東京ゲートウェイが、みなし、だったのは

東京ゲートウェイ自身の問題ではなく、

もっと大元の、

米国リップル社の設計を、

全世界レベルで仕組みを変えないと無理、


という内容ですので、

もはや、日本には、

「ゲートウェイ」という事業者は、
存在できないことになりました。


(Mr.エクスチェンジも、同様です)



日本の仮想通貨の世界は、

法律で縛り上げた結果、

一切の技術革新は昨年からストップし、

それぞれの事業者や役所、新聞などの

「利益」「立場」

によって、


「悪貨が良貨を駆逐する」


状態になったことを、

ここで正確に知らないと、

なぜデジカレが、前もって、

このリスクに対処しようと動いていたのか

今後、どういう動きをするのかを、

正確に理解することが出来ませんので、


大事なことなので、


何度もお知らせします。



今、文章を作っているので、

今日中に、

第2報をお知らせします。


しばらくお待ちくださいね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何度も既報で、念押しですが、

当方のファンクラブは、

自主運営しておりまして、

デジカレから情報をもらってそれを提供する

ということをやっております。

私自身もBCCのホルダーの1人で、

ファンとして行動をしております。



みなさんと、おんなじ立場なので、

これからBCCはどうなる?


私自身が、気になりますので、

みなさんの代表として、

確認してきました。





※東京日本橋箱崎のデジカレの入るビル。




※デジカレ社内に作られた実験用マイニングマシンの展示。






今回の事件が起きた背景から

変更点が非常に多岐にわたるので、

順番に少しづつお知らせしますので、


第10報くらいまで、お知らせすると思います。


1つづつ、クリアしていきましょう。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
カテゴリ
タグ
Copyright © BCCNEWS All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

DCM公認ファンクラブ運営協力 : デジタルカレンシー株式会社

〒103-0015  東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル2階  TEL:03-6206-2530  FAX:03-6435-7914