『No one should go hungry(誰も飢えてはならない)】





ヤスです。
(`・ω・´)ゞ



まずは、こちらの動画をご覧ください。





「奨学金制度というシロアリが

 日本全土を食い荒らして広がっていく実態に驚愕。

 こんなにひどいのか」


(尾木直樹さん)



親の収入が少ない若者が、

夢を実現しようとして、

親に迷惑を掛けたくないと

大学に通うために奨学金を借りたはずが、

結局、親も一緒に破産に追い込む。




毎年1万人の、

奨学金の返済が払えなくて自己破産し

家族も一緒に巻き込まれ、

親も一緒に破産する悲惨な事実があります。


さらに、

7人に1人が貧困家庭という現実。


https://mainichi.jp/articles/20170627/k00/00e/040/180000c

(毎日新聞より引用)


大学生のうち2人に1人は奨学金を借りなくてはいけないのに
その支払いのツケを一生かかっても返せない。



本人が破産して終わりではなくて、

保証人になっている親がそれを負担し

悲惨な連鎖が続きます。


これは、日本だけではなくて
海外でもかなりの数あるようですね。



この現実を救うのに、
立ち上がる企業も出てきました。


http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278874/082400005/?P=2
(日経ビジネスONLINE)



「奨学金、当社が代わりに返します」




 現在、日本最大の奨学金貸与団体である日本学生支援機構から奨学金を受ける大学生は2.6人に1人。多くの家庭が奨学金をあてにしている構図が浮かび上がるが、社会に出る前に抱える“借金”にはリスクもある。その現状を知ったある企業が、動き出した。
月の返還額を給与に上乗せ

 奨学金返還を“肩代わり”します――。

 国内外に120のメガネ店を展開する低価格チェーン、オンデーズ(東京都港区)。同社は2014年12月、「奨学金返金救済制度」を導入した。学生時代に受けた奨学金の返還を続けている従業員に対して、返済分を毎月の給与に上乗せする仕組みだ。社内面接などを通過すれば、上乗せは返還が終わるか、退職するまで続くという。同様の仕組みは、大手企業などでもほとんど例がない。




しかし、こんな善意の会社はほとんどなく、

恩恵を受ける人は、極めてマレ。



さて、ひるがえって、

デジタルカレンシー株式会社も、

この奨学金破産の問題には、

非常に関心が高いです。


もともと、子会社のクレコインクラブと一緒に

福岡の子ども食堂中心に、支援を続け、

福岡天神の博多大丸にて、

KIDS EXPOを福岡県と共催し、

アピールし続けているデジタルカレンシーですから



※クレコインクラブHPより引用

社会貢献活動も忘れてはいません。


子ども食堂も、もちろん引き続き支援されますが、

子どもが貧困なのはもっと上の世代が原因ですよね。


大学生世代が貧困にさらされて
奨学金を借りなくてはいけないのは

その上の親世代があるわけで。




私の仲間にも、


奨学金を返済できなくて苦労して苦労して

仮想通貨に巡り合って、

価値の上がる前のイーサリアムを
なけなしのお金をはたいて入手し、

それが大化けしたので、

首尾よく奨学金を完済できた方があります。


仮想通貨のお陰で、人生が一変した。


そういうことが、本当にあるんです。



さて、

松田社長のFacebookより。




この方は一体?




実は、この方、


ヤンク・バリー財団

レイモンドさんといいます。




本日は、アメリカ・ガーナ・タイとたくさんの人脈を持っているヤンクバリー財団の

http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278949.html


レイモンドさんとお会いしました。
レイモンドさんより海外で様々なポイントを通貨にエクスチェンジする会社が暗号通貨と上手くブリッジ出来ないかという提案を頂きました。
さらに、こちらの事業にも大変共感して頂き人脈やマーケティングにもご協力頂ける形となりました。
これから、海外を中心に様々な構築をしていきます!






ヤングバリー財団について。





ノーベル平和賞候補のヤンク・バリー氏 寄付額は1000億円超



「最もノーベル平和賞に近い男」と呼ばれるカナダ人をご存じだろうか。

 日本での知名度は高くないが、世界がその動向に注目するダンディな紳士の名は、ヤンク・バリー氏(70)。弁舌さわやかな彼の口からは奇想天外な逸話が次々と飛び出す。この男、いったい何者なのか──。

 名前を日本語でネット検索しても、ヒット数はごくわずか。しかしこの男は世界のセレブリティから一目置かれる存在だ。

 テロ支援国家の独裁者ですら、彼の声は無視できない。ビル・ゲイツウォーレン・バフェットといった世界的富豪が、彼のためなら協力を惜しまない。3年連続でノーベル平和賞にノミネートされている男の言葉には、独特の響きがある──。

「私の『本職』は何かだって? それは難しい質問だ。あえて言えば『ルネッサンスマン』さ。常に動いている世界から注目されるターゲットであり、常に進化を続ける男──といったところかな」


NEWSポストセブンより引用


URL
http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278949.html




ヤンクバリー財団オフィシャルページ

URL
http://yankbarry.com/



そのヤンクバリー財団の、


レイモンドさんを通じて、

奨学金破産問題解決の提案をいただき、


DCMのために構築している、

例の

マイニング工場から排出される、
マイニング利益の一部を、

奨学金破産問題対策の為の基金に拠出し、

毎月、告知することがわかりました。



マイニングマシンオーナー制度を通じて

投資家が比較的安定して利益を享受できるのはもちろん


マイニング報酬から自動的にDCM相場に買い投入されるので、

DCM資産総額が勝手に毎日増えていくことで

DCMホルダーももちろん嬉しいですし、



世界の仮想通貨を安く安定して流通するのに

無くてはならないインフラでもある
マイニング工場をたくさん建設するのは、


貧困対策のための仮想通貨事業を下から支えることにも
なりますし、



奨学金破産にならないですむ人が
1人でも多く出てくることは、

日本の未来にとって、

どれほど重要なことでしょうか。



まさに、DCMのポリシー・理念は、


『No one should go hungry(誰も飢えてはならない)】

この言葉は、


もともとヤンクバリー財団の合言葉なんです。


デジタルカレンシーもそれに共鳴し、

ともに歩んでいこう、という決意。




DCMは、日本の、世界の、貧困から抜け出そうとする
若者達が、

ちゃんと夢をつかむのに大いに役立つDCM


まず足元の、日本の若者達が、

ちゃんと育って、夢をつかめる社会に。



マイニングマシン1台1台に、

若者の未来が託されました。




この続報に、期待したいですね。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから