月別アーカイブ:2018年07月

【DCM誤情報に注意!!】間違った情報が一部伝わってますので要確認!!DCMコインとマイニングマシンオーナー制度を混在しないように!!


ヤスです。
(*´ω`*)



先日から、DCMにつきまして、


有名なブロガーさんとか、

いろんな方が、宣伝をしていただいております。


たいへん有り難い話なんですが、

また聞きのまた聞き、で伝えていたりして、


正確な情報ではない場合が多く、


特に間違った情報が、出回っておりますので、


そこはご注意ください。



当方は、
デジタルカレンシー公認ファンクラブ

として

一番、正確で早い情報をお知らせしておりますので、


下記ボタンから、参加してくださいね。
(※注意書きをよく読んでください)




http://realshozai.secret.jp/lineqr/qr/










こちらのページが現在、唯一公開されている、

デジタルカレンシーが発行している正式な

DCMページです。






URL
http://digitalcurrency-bcc.tokyo/




こちらのページは、


DCMコインと、

マイニングマシンオーナー制度の

2つの案件を1つのページに混在させて書かれており、



これを読むと、



DCMコインを持っていると、

マイニング工場から発生する報酬を、

ビットコインで受け取れる





勘違いされる方
があります。


間違っていますので、要注意です。




そして、堂々と、そのように宣伝している

アフィリエイターさんや、

ブロガーさんが、数名確認されておりまして、


これは、全く異なりますので、


事実とは違います。


ご注意ください。



DCMコインを持っていても、

マイニングマシンオーナー制度に参加されていなければ

ビットコインで報酬を受け取るわけではありません。


そのかわり、

DCMのそのものの価値が、勝手に上昇していくことになります。




DCMホルダーさんの資産というのは、


DCMコイン枚数 ✕  1DCMあたりの市場価格



の掛け算の計算式、で決まるわけですが、


ホルダーさんのDCMコイン枚数は、

特に売買しない限り、増えるわけでもなく、

配当がでるわけでもありません。


しかし、1DCMあたりの市場価格、

のほうは、


デジタルカレンシー社のマイニング工場から
発生する収益を投入することによって、


●市場でたくさん売る人があっても、

自動で買い支えが入って、

下がりにくくなりますし、



●誰も売買する人がいなくても

勝手に価格が上昇していきますし、


●買う人が多ければ、

なお、価格は自動上昇します。




そういう意味で、

DCMコインは最強、

です。



上記理由から、

DCMを持っていると配当が出る、

というのは意味が異なります。


DCMの説明は、こちらの動画を見てくださいね。





この中でもお伝えしておりますが、


このような図式になっており、

世界中の人が、

ビットコインはじめ、いろいろな通貨を使い、

流通するたびに、


デジタルカレンシーのマイニング工場で、

それらの流通を支える代わりに、

(漏斗を通って、フィルターを通して、
 下へビットコインが落ちてくるイメージ)


最終的にビットコインに変換されて、

得られる報酬のうち、


マイニングマシンオーナーになっている人には、

ビットコインで50%が提供されます。


残りのうち、全部ではなくて、

30%分を、DCM市場に
自動投入されて、

1DCMあたりの相場価格が上がるのに

使われます。
(残20%は経費)


このような仕組みになっておりますので、


DCMコインだけを持っていて、

マイニングマシンオーナーではない場合は、


DCMに現時点での配当はありません。


マイニングマシンオーナーだけど、

DCMを持っていない人の場合は、


ビットコインでマイニング報酬の50%報酬を
分配されて、受け取ります。



DCM持っていて、マイニングマシンオーナーの場合は


1DCMそのものの市場価値が相場で上がっていきます。

かつ

マイニングマシンからのビットコイン報酬も受け取れます。



この違いを明確にしておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ただし、将来にわたって、

DCMに配当がない、

ということではなくて、


配当という表現は使いませんし、

すぐに、ではないですが、


全く違う形で、


持っているだけでメリットが有るように、


複雑な準備が進行中でして、


株主優待、のようなイメージの仕組みが

出来上がるように、構想があります。


これも、
いずれ明らかになると思います。



楽しみにしておいてくださいね。

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【ドバイ・カンファレンス】無事終了!!現地の様子レポート その2


ヤスです。
(*´ω`*)


前回の記事はこちら。


【ドバイ・カンファレンス】無事終了!!現地の様子レポート その1



前々日からの期間中、

ドバイの様子を、紹介したいと思います。

ドバイの中心部は、世界一のビル群が立ち並ぶ。


道路には、王族専用レーンがあるくらい

王族は優遇されています。


片道6車線って、かなりスゴイね。




日本ではありえない、独特な建造物が

いくつもありますね。

目立ちます。





そして、ドバイといえば、

コレが有名ですね。


世界一のビル、THEドバイタワーというべき、

「ブルジュ・ハリファ」

ですね。



このブルジュ・ハリファ

眼の前にして

眺められるホテルが、


DCMドバイ・カンファレンスの会場

となりました。







ちょっと休憩して、周辺を散策。



ちょっと庶民的なスーパーマーケット。

でも、規模デカイです。



ドバイ=ゴージャス、なイメージなので、

そういうところも、ね。












カンファレンスに先立ちまして、

韓国の関係者、ドバイの関係者、

その他、多数の国の関係者との

ミーティングが、何度も何度も繰り返し行われていまして、




DCMの未来について、

細かい打ち合わせ、すり合わせが

行われてきています。



当日の会場の様子です。








最後に、クレコインクラブ松下会長と、

現地の子供達との交流もありました。



DCMが、ヤンクバリー財団を通じて、

世界中のもっと、困っている子供達にも

幸せが届けられますように。






【ドバイ・カンファレンス】無事終了!!現地の様子レポート その1

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから

【ドバイ・カンファレンス】無事終了!!現地の様子レポート その1

ヤスです。
(*´ω`*)



DCMにとって
かなりのインパクトの大型イベント、

ドバイ・カンファレンスが、

無事、終了しました。



松田社長や、クレコインクラブ松下会長から、

現地の写真が送られてきていますので、

一部抜粋して紹介しますね。


ドバイ・カンファレンス、その1



大盛況の会場より




松田社長、キーノートスピーチ。



ドバイの王族の方120名あまりの聴衆に向かって、

流れたプロモーションビデオはこちら。




※英語です。



ドバイ渡航前は、

「お金持ちは、

 これ以上お金持ちになることはあまり興味なく

 DCMコインそのものよりも、


 ドバイはブロックチェーン技術立国を目指しているので
 
 日本の世界最先端技術に注目し、

 新型のマイニングマシンを
 デジカレから輸入して、

 自分たちの資金で
 マイニング工場を作るのではないか」




新型マイニングマシンの記事はこちら。

【ついに!試作プレビュー】マイニング業界激震!!発熱なし、電気代不要、あとは◯◯。




など、いろいろ想定されていましたが、


実際のカンファレンスの結果は、


意外にも、

DCMコインそのものに、興味津々。


松田社長いわく

「非常に好印象持っていただきました」

とのこと。


コイン所持していれば、

面倒なことを一切しなくていい。


DCM送金するたびに、
ヤンクバリー財団を経由して
慈善事業にも勝手に投資される。



ヤンクバリー財団慈善事業関連の記事はこちら。

DCMマイニングマシン1台1台に日本の若者の未来が託されました【〜No one should go hungry〜】




マイニング工場を増やすのにも
一役買い、

ドバイが目指すブロックチェーン立国のベースになる
仮想通貨のインフラになる。



私が作ったDCM宣伝動画で、

世界で最初に、

「マイニング事業=仮想通貨のインフラ」

言ったのではないかと思いますが、



その動画がすべて元になって、

ホワイトペーパーも
PV動画も出来上がっていますので、

結果、

それが功を奏したか?


ドバイでも、日本といえば、

インフラ技術の世界No1

というイメージが非常に強くて、


シンプルにわかりやすく伝わったと思います。


「マイニングシステムはやはり、
 日本の安定したインフラ供給に対して安心感があるようですね。」




やはり、そこには、


アステック株式会社の強力なネットワーク回線を、

マイニング事業に限り、
デジタルカレンシーの独占契約を取り付けている

こういうことも、自信に裏付けられているかと。

(他社は、
一般のNTTなどの光ファイバー共有回線しか使えない)





株式会社RSIの持っている、

世界初の液浸データサーバの技術も、

他にはないですしね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方、課題も見えてきているようです。


ドバイにある銀行は、

日本には支店がありません。


ドバイの王族がDCMを取引売買しようとすると


日本と、ドバイ以外、

ちょうど、中間にあたる、

東南アジア系の国あたりに、

中継できる仕組みを別途用意が必要になったり、


まだまだ整備に必要なものがあります。


今回のカンファレンス期間中で、

新たに得てきた情報や、
関係者同士のミーティングなどで

見えてきており、


ドバイカンファレンスが1回で終わる、

ということではなく、

もう1回開催されるようになるかもしれませんね。



ドバイは、まず手始めに。


これからも世界を舞台に、

DCMの飛翔のための準備と展開が

つながっていくと思います。




おおむね、

課題もまだ残されていますが、

ドバイカンファレンスは大成功



今後の方向性も、見えてきた、
というところでしょうか。




※記事追加しました。

こちらもどうぞ〜(*´ω`*)

【ドバイ・カンファレンス】無事終了!!現地の様子レポート その2
記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
Copyright © DCM NEWS All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

DCM公認ファンクラブ運営協力 : デジタルカレンシー株式会社

〒103-0015  東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル2階  TEL:03-6206-2530  FAX:03-6435-7914