ヤスです。
(*´ω`*)


連載でお知らせしている、


来年・必要な重要キーワードです。


それは

「板取引」です。


前回は、市場売買、について、

オシラセしました。

【連載】来年絶対に必要になるキーワード解説・基礎編「市場売買」




東京ゲートウェイと、XRPWalletを口座開設されて

すでに、日本円を入金したり、

BCCをウォレット内部で購入したりできている方は、

すでにご存知だと思います。




その昔、

株式市場は、電子化前は、コンピュータではなく

数字の書いた板、を使っていたことから、

入札とか、イイますよね。


「札を入れる」


それが電子化されて、すべてコンピュータ上で

売買されている今も、

板、という名前を使って、

取引を行います。



たとえば、

102円で10000枚売りたいという板の人と

101円で5000枚買いたいという板の人と、


市場で、コインの価値を巡って、

「セリ」が行われるわけですね。



BCCの価格の場合は、


XRPWalletの内部に
内蔵された市場で、

取引が行われます。




XRPWalletと連動している
リップルチャート上の、売買の板情報は、

コレですね。




買いたい人が多ければ、1枚あたりの価格は上がり

売りたい人が多ければ、1枚あたりの価格は下がる




さっきの例で言いますと、


102円で10000枚売りたいという板の人があれば、


102円で、12000枚買いたい、という人があれば、

2000枚足りませんので、

その場合は、次の価格の103円とか、
次に高い値段の価格の分から、買っていくことになります。


売りに出している人の、価格の売り札を、

買いたい人が買っていくことによって、

BCC1枚あたりの価格は、上昇していきますね。





”BCCを日本円で換金したい”


というのは、

市場の、交換レートを見て、

今、1枚あたり、◯◯円だから、

◯◯◯◯◯枚、売りたい、



という指示を出して、





ウォレット上で、BCCからJPYに変換後、


東京ゲートウェイのほうのページで

ウォレットアウト、という操作を行うと、





登録された銀行に、

日本円で引き出しが出来る、


というのが、具体的な仕組みになります。



再度。


BCCを、現金化して引き出したい、

という場合は、

市場で売って、日本円(JPY)と換金し、

それを、出す、ので、



今、クレコインクラブ預かりになっている方も

いずれ、

東京ゲートウェイとXRPウォレットを

登録して、

いざ引き出すとき(市場で、売って、それを引き出す)
に、備えておかないといけません。



面倒だからまだやってない、

いずれやればいいや、ということですと、


実は、法律の運用が面倒になってきて

どんどん複雑な方向になってきています。



口座開設に必要な33リップルコインの

価格の高騰もあり、

口座開設自体が、ますます面倒になってくるので、



先延ばしすればするだけ、

大変です。



1日でも速いうちに、

全員、口座開設、

BCCの買い方、売り方、出金の方法

まで、試してくださいね。



口座開設動画


(公式動画が出来るまでのつなぎです)




今日は、板取引、というキーワードだけ

覚えておいてくださいね。


2018年になると、

このキーワードが、どれだけ重要なのか、

いずれ、わかると思います。



また、お知らせしますね。

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
カテゴリ
タグ