ヤスです。
(*´ω`*)


前回の続きです。


【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!①

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!②

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!④

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!⑤





2017以降のテスト運用の結果

マイニング収益効率を高めるための無限の努力

収益の 50% は維持費 (電気料金、維持費) に費やされている。
リース期間は3年です。

DCM は AI マイニングを導入しました。
AIマイニングは、AI をマイニングプロセスに統合し、

それが各硬貨、市場の取引情報とコスト効率のための
市場価格に配慮を入れて管理します。

AI との連携により、
マイニングファームの収益効率が格段に向上します。

実際には、AI を使用しないと収益効率は 16% 前後、
AI を使用すると収益効率は約 30% になります。

この瞬間でも、我々は継続的に収益効率を改善している。






マイニングマシンオーナーになりますと、

マイニングマシンから発生する最終的な利益の

50%のビットコインを受け取ることができます。


6月現在、
ビットコイン価格は12月と比べて1/3くらいですので


毎年、11月、12月にビットコイン価格が高騰し、
1月以降に急下落するので

1月から10月までは、

ビットコインのまま、貯金していただいて。

11月12月のタイミングで、
ビットコインを換金するのが理想と考えられています。


毎月、得られるビットコインの数量は、

あんまり極端に変動しませんが、

ビットコイン相場価格で、その月に売却し日本円に換金した

という前提での、

2017年度1年間の、平均月利が16.4%という結果は
出ておりますが、


あくまでもその月のビットコイン相場価格で
毎月売却した場合、という前提ですので

売らずにビットコインのまま貯めておき、

年末付近まで残しておいて、一番高いところで売却した場合は、

全くこの計算の限りではありませんので、

遥かに利益が増えます。


その点をご承知の上で、あくまでも

毎月得られたビットコインを、その場で日本円に換金したのを

計算して、昨年の平均16.4%という実績を出していますが、



前回の記事の通り、

ビットコイン価格が現在12月比較で1/3の今、

日本円で毎月、換金してしまうと、

16.4%という数字になりませんので、

運用の仕方に注意が必要になります。


とはいえ、ビットコイン相場価格は、

徐々に回復傾向にあり、年末付近は1000万円を超える!

3年後には1億円!という予想の専門家やプロの人も

いるくらいですので、


換金するタイミング次第で、

どうにでも変わると言えます。


ですので、ここで言う、16.4%が

AIを導入したら30%にあがる、

という数字の根拠は、


実験値による、理想的な状況を想定したもの、

として考慮し、


最終的には得られたビットコインを

いつのタイミングで換金するか、

その換金の方法について、

ちゃんと理解しておかないと

別に損はしませんが、

理想の運用からは離れるので、

最低限の知識は知っておきたいですね。



続きましてコチラ。






DCMの大規模なマイニングファーム

800リグ、6400個のGPUの驚異的なマイニングパワーハイエンドGPU

デジタルカレンシーは2つのマイニングファームを
2018年7月末に稼働開始させることは予定されて、

2019年末までには10工場を稼働させる予定である。

1つのマイニング工場が6,400個のGPUユニット
1リグあたり8個使うので、800リグのマシンを設置、

この規模の工場は10億ほどの設備投資がかかり
毎月の収益は3000万円より多く発生する。
(前述のとおり、ビットコイン相場でかなり変動する)





現時点で、1工場目の、一部マシン
800台のうち120台ほどが稼働をすでに

開始していることは既報のとおりです。


しかし、同じく既報の通り

800台のマシンを動かすには、


電力会社の設置する、
高電圧キュービクルという


設備が必要で、これの設置には

機械そのものが、毎回特注品ですし、
電力会社側の大掛かりな工事が必要で、

その費用も支払わねばならず、

時間も半年単位でかかることから、
難航していましたが、7月末に

この高電圧キュービクルの設置がほぼ見通せる状況です。


そこから、工場内部の

協力会社のアステック社による、
独自の独占専用ネット回線の引き込み、

そして工場自体の内装の仕上げなどへ進んでいき、

マシンの導入がどんどん進んでいく、

ということで、

7月段階では、フル稼働ではなく、
一部スタートしている、ということで、

ご承知ください。


しかし、1工場目で得られたノウハウも
2工場目以降に活かして、

来年には10箇所以上、場合によっては
かなりの数を目指して、あくまでも努力目標値として

進んでおります。


また、北陸地方のある県、東北地方のある県、の2県の

自治体から、マイニング工場を建設してほしいという

依頼があるようで、こちらの検討も前向きに進んでいる

ということも聞いております。


先見性の高い自治体は、やはり目をつけるんですね。

分かる人にはわかるようです。




まだまだ続きます。




【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!①

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!②

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!④

【DCM公式プロモーションページ】世界最速プレビュー!!キニナル中身は!!⑤ 記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)





週3日、最新情報をメールでお届け!!登録はこちらから
カテゴリ
タグ